埼玉県春日部エリアの大規模リフォームなら

お問い合わせ・お見積依頼もお気軽にどうぞ0120-913-745ネットでお問い合わせ

家の中が寒いとつらい…

1年通して快適な家づくり 断熱性能をリセット

ストーブ1台で全館暖房。

夏暑く、冬寒い。
原因は建物そのものの傾きによる建具や壁の隙間の他に、壁内の断熱材の劣化も大きな要因です。

壁内結露に十分注意する。

湿気に強い断熱材を隙間なく充填して暖気と冷気がぶつかり合うのを防ぎ、結露の発生を阻止します。
床にも同様に敷き詰めます。
さらに空気がこもらないように外壁の内側に通気層を確保して劣化を抑えます。

遮熱シートも合わせて使う。

夏場の赤外線を96%はね返す遮熱シート。屋外の熱をシャットアウトし、冷房を逃さないので効率良く家中を涼しく保つことができ、冬には部屋から逃げようとする暖気を留めて暖めてくれます。このシートで家全体を包みます。


壁内結露のメカニズム

「断熱・通気」の正しい施工方法

壁:吹付硬質ウレタンフォーム

液状の原材料を壁面に吹き付け、厚さ60mmまで発砲させます。ふくらんでいく過程でわずかな隙間にも泡が入り込み、熱を逃がさない高断熱を実現します。

床:ミラネクストラムダ

リフォーム現場の状況に合わせやすい厚さ50mmの高性能断熱材で、隙間を作らずフィットする形状が特徴です。

壁内:通気工法

壁の内側に通気層を確保し、通気性を高めることで結露を防ぎ、湿気による躯体の劣化を抑えます。ポイントは「入口」と「出口」。通気の入口と出口をしっかりとつくります。

アイエスホームイングの家づくり
普段見ることのできない施工の様子を動画でご覧ください

屋根の内側・外側で断熱

屋根の断熱にはかなりこだわりました。
垂木の上にコンパネと96パーセント放射熱をカットするレフミラー、再度垂木とコンパネを敷き、最後に雨音対策のシージングボード・屋根裏には硬質ウレタンフォームを60ミリ以上吹き付けました。もちろん棟換気仕様です。
二重の通気層と遮熱層に加え硬質ウレタンの厚み。これ以上の屋根はありません。

壁の内側・外側で断熱

壁の断熱にもこだわりました。
外側はやはりタイペックシルバーによる遮熱、その外に通気層プラスウレタンとガルバリウムが一体となった外壁材、そして内側は硬質ウレタンフォーム60ミリ以上の吹きつけプラス防湿層です。

床板を直接断熱1

根太の間にはめ込む断熱材ミラネクストラムダ硬質ウレタンと同等の熱伝導率です。
床下の基礎などにウレタンを吹き付ける基礎断熱などよりも床板に直接断熱を密着させ断熱効果を向上させています。

床板を直接断熱2

根太の間にはめ込む断熱材ミラネクストラムダ硬質ウレタンと同等の熱伝導率です。
床下の基礎などにウレタンを吹き付ける基礎断熱などよりも床板に直接断熱を密着させ断熱効果を向上させています。

リセット住宅についてもっと知りたい方
ぜひお気軽にお問い合せください。

フリーダイヤル0120-913-745

【営業時間】9:00~18:00(年中無休)

ネットからのお問い合わせはこちら